01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

2012.09.21. アラフェスの夜~2.特別な曲が、特別な装いに~ 

自分がリクエストした曲が見られると、
単純にやっぱりテンション上がりました

「ステゴー」って、わかったとたん笑顔になった、やたら、楽しかった

「スケッチ」と「kissから始めよう」が聴けたのも
嬉しかったなあ

嵐って、ナチュラルに等身大の自分たちを歌うような曲も、
クールににキメキメの曲も、
どっちも素敵で、きゅんとなったり、うっとりしたり、
ああ、楽しいって思う

「アンブレラ」は、独特の振り付けで、
智くんの振り付けぽいって言われてますけど、そんな気がする、
他にありそうでいて、無い、不思議な感じもして…
遠目でも、すごくカッコよかったわ

そして、
隠れていたオケが、ジャーンと現れたときは、心躍りました~
すぐに「truth」!って思ったから

白い羽を付けて地上に舞い降りた天使のような彼らが現れて、
嵐×フルオーケストラ×キラキラ…で、まさにゴージャズ
まるで一夜限りの夢の世界のよう

「truth」は、しっとりと輝くようなアレンジで、
切なくて深い歌の世界観が、見事に美しく昇華されて、
涙が出そうなくらい、素敵なパフォーマンスでした

永遠に特別な曲が、こうして特別な装いとなったこと、
それは、本当にすごいことだと思う
その場にいて、体感することができたことに、感謝します

この後の黒と金色の大人な衣装もカッコ良かったんですよね
この衣装での「face down」も、めちゃカッコよかった
(興奮していて、あまり覚えてない 涙)

アンコールの時の「EYES WITH DELIGHT」
このときの、智くんのソロでの、のびやかで、つややかな歌声も
素敵だったなあ
数日たっても、耳に残って消えなかった…



ちなみに、私がリクエストした曲は、

シングル:ステゴー、truth、face down
カップリング:時計じかけのアンブレラ、忘れられない、もう一歩、
アルバム:Ready to Fly、ROMANCE、身長差のない恋人

カップリングとアルバムは、ちょっとマニアックだったかな
でも、「ウラ嵐マニア」のシークレットトーク聞いてると、
嵐さんたちと結構、感覚近いんじゃないって感じで、
来年に期待です♪


スポンサーサイト

[edit]

tb: -- | cm: 3

2012.09.21. アラフェスの夜~1.智のダンスに酔いしれる~ 

ブログに向かうのが久しぶりすぎて、すんなり言葉が出てこないけど、
記憶を残しておきたいから、書こうと思う


「Scene Tour」以来、2年ぶりのライブに、
数日前からドキドキしてきて、息苦しくなるくらいでした(笑)

当日は、直前に降った雨も上がり、国立の中の空気も澄んでいて、
スタンド下から3分の一ほどあたりの席で、
一緒に入ったaicoちゃんと、「良く見えるね~」と、
メインも中央のステージも彼方ですけど、十分満足、そんな感じで、喜び合いました

そして、始まって…

私の中で、一番の記憶は、智くんのダンス
すごく、素敵で、
ああ、やっぱり、この人のダンスが、大好きって、つくづく思いました

「Love Situation」眼下を、ガンガンに踊る智が通り過ぎてゆく
私のほうには、目もくれない(爆)

でも、それが、良かったんです
ひたすらに踊っている智くんの真摯な表情に、心打たれました

「Shake it!」のバックでの、動きの軽やかで、優雅だったこと、
手の先、足の先までの形が、きれいで、腰の動きも、すっごくクール!

「Rain」は、双眼鏡越しでしたし、細かいところは見えません

でも、離れていても、大きく何か確かなもの、
確かに美しいものを彼は、つかんで、描いて見せてくれているようで、
大きな美の作品を体現して見せてくれているように感じて、

それは、おそらく細かい美が積み重なっているのだろうし、
美を作る修練の結晶だとも、思えた

智くんのダンスは、やっぱり、神だわ
(普段、神なんて若い人の表現はしないけど、他に言葉がみつからなくて…)




夏の間、体調を崩したりして、ブログに向かう気力がありませんでした
また、不定期になると思いますが、ぼつぼつ書いてゆこうと思います

[edit]

tb: -- | cm: 2

見事な結末 

ゆっくりと口角を上げて、不敵なほほ笑みを浮かべた、
あの目の表情、
榎本 径の、最後の顔に、鳥肌が立ちました

すべての後に、残ったのは、爽快感

回が進むにつれて
次第に人間的な面が覗かれるようになった榎本 径を可愛いと思いながら
(それは、事件の陰惨さを、緩和するようでしたが、)
かすかに怪訝な気持ちをもっていました
榎本 径という人が、そんなに単純な人には思えなくて

そのくせ、最後は、平穏に終わるものとどこかで思っていました
囚われていたのは、ワタシでした


悪党だったと知ってから「榎本 径」が、
これまでと違った次元で、好きになりました

無言の、意味深な表情を、も一度、追いかけてみたい
残された言葉を、もう一度、辿ってみたい

たとえば、「青砥さんは、そうならないですよ」(毒蜘蛛の回)
あんな風に言えたのは、どんな人生を送ってきたからなんだろう…


本当に魅力的な役でした


智くんが、完璧に演じきったからこそ、
そう思えるのだと思います


最後まで、ずっと見事に、榎本 径だった智くん、
お疲れ様でした

素敵なお芝居を見せてくれて、ありがとう 
次の演技の仕事を、楽しみにしています

[edit]

tb: -- | cm: 3

指先マジック 

昨晩になって、先週のVSを見ていないことを思いだし、
早送りしつつ流し観してたら
最後のエキシビジョン!

あら、珍しい!
智くん、一番、最後のパートにいました
このゲームで、智くん、最初のほうにいて、
地味だけど、丁寧&慎重にボールを運んでいることが
多いような…
そういうときの、きちんと役目を果たす様子も好きなんですけど、
今回は、穴がゴール前にほぼ一列、ずらっと開いて、
難易度が高いから、智くんに任されたんですね!

こういう時に、智くん、燃えますよね

結果、期待に応えて、きっちり成功  本人も楽しそうでした


一番のツボは、10秒チャレンジのとき、
5人のボールが、あっさり2回目に揃った(お見事!)あと、

智くんが、右手に掴んだボールを素早く、
素早く指先で、くるっと回して、ほおり投げたとこ


「なに?いまの?」って感じで、止まってしまいました
もお、ああいう粋なことを、いきなり差し込んでくるんですよね 智くんは

おまけに、これから、かっこいいことやるよ~とか感じさせずに、
さらっと、やっちゃう、その感じが男前なんだ

でもって、楽しませようという気持ちが、伝わってくる

(何を書いているんだろうってかんじもしますけど、書いてしまいます 笑)

本人は、全力で否定しそうですけど、
智くんは、見る人を、楽しませる気障を沢山、見に付けてますよね
そして、思いがけない時に、パッと披露してくれるから、
思わず、年甲斐もなくワッとなって、前のめりになってしまいます

[edit]

tb: -- | cm: 2

力のある軽さ 

何も告げずに放置してしまい、
訪ねてくださった方には、すみませんでした
しばらくブログ断ちして書道にとりくんでいました

こう書きますとカッコイイんですけど、
キャリアが長いだけで、もう何年も進歩のない状態なもので、
否応なく書には自分が現れてしまうこともあって、
自分を変えるのって、つくづく難しいと思うばかり
そんなときに、思っていたことです…



智くんって、すごい (相変わらず、です 笑)

ダンスや演技、歌声、グラビア写真の中の表情、動きにも、
ボケたり、ちょっと人一言でコメディセンスを爆発させるときも、

独特の重さを感じる

軽妙だったり、可愛かったり、面白かったりするなかで、
いつも、そこには独特の重さがあると思う

若い頃から鍛えられた肉体だったり、
生まれつきのリズム感だったり、センスだったり、
常に落ち着いた心のありようだったり、

天から授かった才能と、鍛練、努力の結果が一体になって、
その重さは作られているのだと思う
だから、あえて作ろうとしても、簡単に真似できない

その重さによって、その軽さも支えられている
だから、智くんの軽さには力があるんだ
ふわふわっとしているけど、消えてなくならない

見えているものの向こうにある、
見えないけどしっかり感じられるその重さに、
人は、引き寄せられる 記憶に残る


智くんのドラマがヒットするのは、トーゼンなんですよね (あと、1話… 泣)

[edit]

tb: -- | cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。